TAG 密室タクシードライバー

素人動画 アイカ

私は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする変態タクシードライバー。
今日も素敵な出会いを求めて街を流す。

「青山までお願いします。」
笑顔のカワイイお嬢さん。
ふっくら色白ムチムチの美味しそうな身体をしている。
人懐っこい娘で、和気あいあいと会話が弾む。
「なんか最近、寝不足で…。」
ならば、偽キャンペーン作戦で死ぬほど寝ていただこうと思う。
「これ飲んでアンケート用紙に感想書いてもらえると、運賃50%キャシュバックキャンペーンやってますけど。」
「お~っ、スゴい!いただきまーす。」
媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入しながら気絶したように寝落ちする娘。

「お客さん、着きましたよ。(私のヤリ部屋に…)」
大股開きで熟睡落ちしている娘。
記入したアンケートに目を通す。
「アイカ、24歳か…。」
にしても、色白のうまそうな身体だ。
早速、ブラウスのボタンをはずして柔肌の巨乳を揉む。
薬の効きが浅いのか、イタズラ行為に反応するように寝苦しそうな声を出している。
起きないように気をつけながら乳首を指で転がし、乳輪に吸い付いて乳首を舐める。
むっちりした太腿を触りながらスカートをまくり、白のパンティをずらして陰毛を眺める。
今どきの女子にしてはナチュラルな陰毛。
つまんで毛並みの感触を楽しむ。

パンティを脱がして股を開き、指先でクリトリスを擦り上げると小陰唇がじっとり濡れてくる。
指マンで膣中をかき混ぜ、マン汁の糸引き具合を確かめる。
娘の足を引き寄せセルフで足コキ。
ズボンを脱いでチ●ポを握らせ昏●手コキでしごかせる。
カリ首を唇にこすりつけ、ヌルヌルのマ●コにビン勃ちのチ●ポを挿入して狭い車内で●す。
柔らかな唇に吸い付きながら腰を振り、締まりの良いマ●コに腰を振りまくる。
味見はこれぐらいにして、ヤリ部屋でじっくり楽しむことにした。

散らかったヤリ部屋の布団に寝かせ、ネクタイで両手を拘束する。
ブラウスとブラをはだけ、寝ている娘に覆いかぶさるようにキスをする。
娘の口にチ●ポをこすりつけ、無理やり押し込んでクチマンコで腰をふる。

腹にチ●ポをこすりつけながら濃厚おやじキス責め。
指マンでマ●コを潤して、側位でビン勃ちチ●ポをねじ込む。
「うぅ~ん…。」
うなされているような声を出す娘。
柔らかな巨乳を揉みながら、お構いなしに腰をふりまくる。
オッパイをしゃぶりながら、正常位セックスでマ●コを突いていると目覚めてしまう娘。
「えっ、なに、何!」
濃厚な親父キスで口をふさいで腰を激しく突きまくる。

「やめて、ヤダ!」
「嫌でも、マ●コぐしゃぐしゃじゃないかよォ。アイカちゃん。」
「な、なんで?…なんで知ってるの?!」
「24才、住所まで書いてあったよ。」
「うううっ、放して。」
「気持ちいいマ●コだな。」
スカートを剥ぎ取り、プリプリの尻を引き寄せてバックからチ●ポを根深く突き挿れる。
「あうっ、イヤー!」
膣壁をグリグリとこするようにピストン責め。
嫌がっていても身体は反応して尻肉をヒクヒクさせている。
「気持ちいいんだろ、締めつけてくるじゃないか。」
首を締めて脅かし、服を脱いでもらう。
泣きながらブラを外す娘の顔に欲情してくる。
両乳をつかんで揉み、身体を抱きしめて強引に濃厚キスで唇を吸いまくる。

「しゃぶれ!」
ビン勃ちになったチ●ポを強引に口の中に押し込み、ノーハンドでフェラチオさせる。
「こっちを見て、しっかりしゃぶれ。」
「んぐっ、んぐっ、んぐっ…。」

娘の身体を抱き起こして、チ●ポを胸に挟んで強●パイズリで腰を振り動かす。
「もう、嫌だ!帰して。」
娘を押し倒して、強引に股を開かせ、マ●コに吸い付く。
「んんん…イヤ!」
抵抗していてもクンニに反応して、身体はおかしな動きをしている。
「挿れたいよなぁ?」
「…はい。」
騎乗位セックスでチ●ポを挿入させ、巨乳を揉み上げながら腰を突き動かす。
「あうぅぅ、ダメ、奥やめて!」
泣きながらビクビクと腰を痙攣させる娘。
「どうしちゃったんだよ?イっちゃったのかぁ。」
チ●ポを挿れたまま正常位にして、イったマ●コを突き続ける。
「あーー、俺もイキそうだよ、このままでイイよな?」
「だめ、ダメ!お願いやめて!」
「ううっ、そんな締めんなよ、アイカちゃん。」
脚を束ねて、よく締まるマ●コにタップリと生中出し。
精子が膣口から勢いよく溢れ出す。
放心状態の娘を放置して、私は素敵な出会いに感謝しながら一人で休憩することにした。

素人動画 美奈子

俺は乗車した女性を媚薬で眠らせ、変態行為を楽しむタクシードライバーだ。

「恵比寿の方までお願いします。」
ニーソ姿の可愛らしい女性客。
ガーデンプレイスあたりで食事だそうだ。
今日は俺のデカチ●ポをご馳走してやろう。

「ただいま栄養ドリンクのキャンペーン中で、アンケートに記入して頂くと運賃半額になりますが… 。」
「え~、凄い!50%引き!」
喰い付きのいい女性客は媚薬入りドリンクをグビグビ飲み干す。
「めちゃラッキーです。ありがとうございます。」
「いいえ、こちらこそ。アンケートは分かる範囲でお願いします。」
アンケート記入途中で睡魔に襲われ熟睡するお客。
ミニスカニーソの大股を開きパンティーが丸見えだ。

ヤリ部屋ガーデンプレイスに到着、それでは後部座席で前菜を…。
ノースリーブの柔らかそうな身体を抱き寄せ、オッパイを揉む。
「大きなオッパイだ、ラッキーだな。」
オッパイ好きの俺にはたまらない柔らか美乳。
横に寝かせてブラの上からモミモミ。
「これはこれは、乳輪も乳首も綺麗だ。」
乳首に吸い付きマ●コもいじってみるが、全く起きる気配はない。
パンティーの上からマ●コに顔を押し当て深呼吸、匂いを嗅ぎながら感触を楽しむ。

生クリトリスを指で突っつくと勃起してきたので、クンニでパイパンマ●コを舐めまくる。
マン汁だらけの口でキスをして、生チ●ポを握らせる。
オッパイを揉みながら昏●手コキでチ●ポをしごく。
「あ~気持ち良すぎてヤバいなあ、出ちゃいそうだ。」
我慢汁でスベスベ肌の絶対領域にマーキングする。
女にまたがりチ●ポをオッパイに擦りつけて、寝ている口にぶち込む。
大口の美人さんなんで俺のデカチ●ポもすんなり挿いる。
大変気持ちいい昏●フェラ。
喉奥を突くように腰を振る。
「さあ、もっと楽しいとこ行こうね。」

女をヤリ部屋に運び込み、ベッドに寝かせてネクタイで手を縛る。
勿論、脅迫の為に動画も撮影。
脇の下の匂いを嗅ぎ、陥没乳首を引き出すように吸い上げる。
パックリ開いたパイパンマ●コは糸を引くぐらい濡れている。
「敏感なんだな…。」
クンニでマ●コを舐め上げ、横向きにしてエロい尻を鑑賞しながら指マンで膣中をこする。
「だめだよ、そんなにキュッと絞めちゃ。」

顔面騎乗して昏●フェラで腰を振ると、オマ●コのような音をたてる気持ちいい口。
頭を起こして昏●イラマで喉奥を責める。
「さあ挿れるよ。」
ビン勃ちのデカチ●ポをパイパンマ●コにはめて腰を振り動かす。
寝ているのにヌルヌルとよく締まる気持ちいいマ●コ。
盛りのついた犬のように腰を振りまくる。
キスをしながら舌を吸い出していると目を覚ます女。
「んーーー!何?やめて!」
「美奈子ちゃん、おはよう。」

「いやー!警察呼びますよ。」
「住所も分かってるし、この動画どうなるか分かるよね。」
怯える女を脅かして服を脱がせ、ニーソ女のプライベート脱衣ショーを楽しむ。
後ろから生オッパイを揉みながら舌を出させて強●ベロキス。
「や、ヤメて…。」
「寝てるときも、ここピクピクしてたよ。」
手マンでマ●コを擦り上げると、股をキュッと絞めてイってしまう。
「なんだ、イクなら言ってよ。」
「イってない…。」

「じゃあオジサンのも気持ちよくしてよ。」
怯える女を引き寄せ乳首舐めをさせて、ビンビンのチ●ポをしゃぶらせる。
「俺のことイかせたら帰してやるよ。」
必死にフェラしてイカせようとする女。
頭を押さえてノーハンドフェラをさせて喉奥を責める。
デカチ●ポをくわえたままゴホゴホむせこむ女。
「気持ち良く出来なかったね。じゃここ使ってよ。」

騎乗位セックスでチ●ポに腰を落とす女。
デカチ●ポがニュルと根元まで挿いる。
「あああっ…。」
ニーソの脚をM字に開かせて下からガンガン突き上げる。
「あっ、イヤイヤ…。」
腰を落としてビクビクと痙攣してイってしまう女。
さらに腰をつかんでグリグリ前後運動させる。
「奥のゴリゴリにあてるのが好きなんだ。」
「あああっ、やめて!」

上体を起こして対面座位セックスで、オッパイに吸い付きながら更に深くマ●コを突きまくる。
「イっちゃったのかぁ、じゃ後ろからしてあげるよ。」
四つん這いにして勢いよくデカチ●ポを突き刺す。
「あっ、んんんん!」
女の腕を引っぱって肛門の奥あたりをガンガンと突きまくる。
「奥はヤメて、だめーーーっ!」
尻肉をつかんでイったマ●コを更にガン突き。
女は朦朧とした虚ろな目であえいでいる。

ヒクヒクと痙攣するマ●コに正常位セックスで腰を振る。
「イった後のマ●コは気持ちいいねぇ。じゃあもっと奥を…。」
「はあああぁ!」
腰を引き寄せ、マ●コの奥を激しく突きまくる。
「あーイっちゃうよ。イク!」
「あああっダメー!」
ドクドクと膣奥に生中出し。
射精に合わせて女の下半身も波打つように痙攣している。

「今日はもう仕事終わらせるから、もっとイッパイしようね。」
女が逃げないように脅かして俺は部屋を出た。
また眠らせて、今夜はオールでセックスだ。

素人動画 ゆか

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。

「二子玉川の●●お願いします。」
話を聞くと清楚な感じのエステティシャン、今日は女子会で食事だそうだ。
「エステやっている方に恐縮ですが、栄養ドリンクのアンケートキャンペーンやってまして、運賃が半額になります。」
「運賃半額ですか、スゴい。」
匂いをかいで、媚薬入りドリンクを飲み干すお客。
「うん、さっぱりしてて美味しい。」

アンケートも書き終わり、媚薬の効果で身体が熱くなり、睡魔がお客を襲う。
「何か暑くないですか?」
「車内の温度下げますね。」
そして…ぐっすりお休みのお客。
「お客さん、着きましたよ。」
座席を倒して後部シートに乗り移り、アンケートを見る。
脅かすための個人情報がバッチリ書き込んである。
「ゆかさん、ゆかさん。」
呼び起こすが反応なし、ミニスカのパンツ丸見えで完全に寝落ちしている。

ミニスカをめくり下着をチェック。
ムッチリした太腿を触り、いやらしいパンティを眺める。
膝枕で寝かしオッパイを揉んで乳首もチェック。
乳輪の小さな蕾のような突起をつまむ。
パンティに手を挿れて指マン。
毛の無いツルツルマ●コの感触に指先が踊る。
寝ている口を吸い、乳首も味わうように吸いまくる。

パンティを脱がしツルツルのマン筋を開いて、クリトリスとマ●コを責める。
「ふう~ん…。」
寝ているのに敏感に反応するマ●コ。
クンニして指マンで膣中をヌルヌルになるまでこすり上げる。
ぬめったマン筋をチ●ポの先でこすり、勃起したチ●ポをマ●コの奥へゆっくりと挿入する。
「んんんんっ…。」
媚薬の効きが甘いのか、性交で起きてしまわないよう小刻みに腰を振る。
チ●ポを抜いて女にまたがり、口をこじ開けてマン汁で濡れたチ●ポをくわえさせる。
人の気配を感じながら、女の頭を抱えて昏●クチマ●コで腰を振ってスリルを楽しむ。
横向きにして密室の車内で松葉くずし。
ニュルニュルのマ●コに深いストロークで腰を振りまくり生中出しした。

女をヤリ部屋に運び込み、散らかった部屋のマットレスに寝かせる。
紐パンティをほどき、脚を合掌開脚させて指マンでクリトリスと膣中をこすりまくる。
口をこじ開けて舌を突っ込み、ベロキスで女の甘い舌を吸う。
パイパンマ●コにチ●ポを擦りつけて、正常位セックスで脚を束ねて腰を振る。
「う、う~ん…。」
女が目覚めたので手で口をふさいで脅かす。
「騒ぐな、声出すなよ。」
怯えながら素直に言うことを聞く女、パコパコと音を出し始めるマ●コに激しくチ●ポ打ちつける。

チ●ポを抜いてまたがり、女の顔にマン汁まみれのデカマラをこすりつけて強●フェラ。
激しく腰を振って、喉奥深くまで突っ込みイラマチオ責め。
「ゲホッ、ゲホッ!」
「もっと、しゃぶれよ。」
女の頭をつかんで、強●フェラでデカチ●ポをしゃぶらせまくる。
「もうやだ、やめて。」
首を絞めて脅かし、クチマ●コイラマで喉奥をさらに突きまくる。
「もう…帰りたい。」
怯える女を足蹴にしてうつ伏せに寝かし、バックからビン勃ちのチ●ポを突き刺す。
「あーーーっ!」
腰を手で押さえつけ、種付けプレスでマ●コの奥を突きまくる。
四つん這いで尻を突き出させ、バックから締まりの良いニュルニュルマ●コにズゴズゴと腰を打ちつける。

着ているものを全て剥ぎ取り、後ろから抱きかかえて強●ベロキスしながら指マ●コ。
マ●コが潤ったところで、正常位にしてチ●ポをぶち込み腰を振る。
「あーっ、やめてぇ!」
うるさいので首を絞めながら激しく腰を振りまくり、マ●コの奥に生中出しで二度目の射精をした。
パイパンマ●コから精子が溢れ出し、放心状態のエステティシャンの女。
この後はエステでもさせながら、日頃の疲れを癒やそうかな…。

素人動画 みさき

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。

「六本木のここへ行きたいんですけど。」
携帯の写真を見せるお客、六本木の有名な商業ビルだ。
可愛い声をした清楚な女の子。
今日はムチムチのミニスカでお買い物だそうだ。

「美容ドリンクの提携キャンペーンしてまして、モニターしてもらうと運賃半額キャッシュバックになりますが…。」
「わあー、疲れてたんで嬉しいですぅ。」
匂いをかいで、恐る恐る媚薬入りドリンクを飲むお客。
「ん~!美容の味がします。」
しょっぱい顔をしながら飲み干したので、アンケートに個人情報を記入してもらう。
媚薬が効き始め睡魔と闘うロリ娘。
メーターが1800円を超えたぐらいには完全熟睡してしまう。

ヤリ部屋近くに車を停める。
「お客様、到着しましたよ。」
ピクリとも動かず熟睡しているロリ娘。
アンケート用紙をチェックする。
「みさき…22才…若いねぇ。」
ムチムチの若い太腿に顔をスリスリして、身体を物色する。
着痩せしていて気づかなかったが、ブラウスを開けると豊満で美味しそうな乳房が出てくる。

「さすが港区女子、高そうな下着を着けてるな。」
ブラをずらすと柔らかな乳肉に綺麗な乳輪。
指先で陥没気味の乳首を刺激してみる。
反応が無かったので乳首が勃起してくるまで、じっくり吸い続ける。
柔らかな巨乳を鷲掴みにして揉みまくり、可愛い顔立ちの唇に吸い付く。
甘い唇を舐め、舌を吸い出して昏●ベロキス。

チ●ポがギンギンになってきたところで寝かせてマ●コの味をみる。
パンティの上からマン筋を擦り上げ、湿ってきたマ●コを指マン。
毛が綺麗に処理してあるマ●コを舐めまくり、指マンクンニで責めるが起きる気配は無い。
身体を引き寄せて昏●フェラチオ。
意外に口が大きかったので俺のデカマラがすんなり挿ってしまう。
しばし咥えさせたまま腰を突き動かし、頭を押さえて喉奥深くチ●ポで責めまくる。
気持ち良すぎてイってしまいそうだったので、ヤリ部屋で続きを楽しむことにした。

昏●している身体を寝かせ、オッパイを揉んで吸いまくる。
唇に吸い付き、マン汁があふれ出るまで指マンして、昏●フェラ。
寝ている顔にまたがり、喉奥めがけて腰を振り、昏●イラマで激しく腰を振る。
意識は無いがゴキュゴキュと音をたてる気持ちいいクチマ●コ。
股を開かせてチ●ポの先をクリトリスに擦りつけ、ヌルヌルのマ●コに根元まで刺し挿れる。
膣中は暖かく、ギュっと締めつけてくる気持ちいいマ●コ。
突きまくり、脚を束ねて膣奥を小刻みにピストンする。

「えっ!」
「声出すなよ。」
意識を戻したロリ娘の口をふさいで脅かす。
あまりの状況に泣き叫ぶロリ娘。
「あんな優しい運転手さんが何で…。」
首を締めてマ●コを突きまくる。
「生意気そうな女は嫌いなんだよ。」

四つん這いで尻を突き出させ、バックからビン勃ちのデカチ●ポで突きまくる。
「イヤだー、待って!」
「おとなしくしてろよ、痛い思いしたくないだろ!」
髪の毛を引っ張り、腰を低くさせてマ●コの奥をパンパンと突きまくる。
「服を脱げ!帰れないぞ。」

娘の頭を押さえて無理矢理チ●ポを咥えさせ、強●クチマ●コで腰を振る。
「ほら、舌をつかえ!」
デカチ●ポで顔が歪むほどしゃぶらせて、強●イラマで喉奥を責めまくる。
「げほっ!げほっ!」
むせる娘を足蹴にしてベッドに寝かせ、正常位でチ●ポを突き刺し、腰を振りながらネクタイで両手を縛る。
娘の自由を奪い、股を拡げてズボズボとマ●コを突きまくり、達磨に抱えて膣奥を深突き。
「気持ちいいんだろ?マ●コが締まってるぞ。」
「ち、ちがう…ああっ。」

チ●ポが挿ったまま身体を抱き上げ、M字開脚にさせて騎乗位セックスで下から突きまくる。
「うん、うあぁ…。」
手を上げさせて形の良い巨乳を揉みながら膣奥を小刻みに高速で突きまくる。
「マ●コ、気持ちいいって言え!帰れないぞ。」
オッパイとお尻をスパンキングして、強●的に腰を振らせる。
マ●コを擦りつける様に腰を振る娘。
オッパイを鷲掴みにして気持ちいい騎乗位セックスを味わう。

四つん這いにして指マンで濡れたマ●コを責めあげ、ブシュブシュと音をたててイクまで続ける。
腰を落としてイってしまったマ●コにバックからチ●ポを突き刺し、深いストロークで突きまくる。
「あああーっ…。」
「気持ちいいんだろ、イっていいんだぞ。」
チ●ポが挿ったまま正常位にして激しく腰を振りまくる。
「あああっ…イヤっ!」
「あーっ、イクイク!」
締めつけてくる娘のマ●コの奥に、ドクドクと中出し射精する。
娘のマ●コから精子があふれ出ている。

「まだ帰れないぞ、おとなしくしてろよ。」
放心する娘を放置して部屋を出る、少し休憩して今日は残業を楽しむことにしよう。

素人動画 サキ

私は乗車した女性客を媚薬で眠らせ、拉致レ●プする変態タクシードライバー。動く女にあまり興味はない。

「どちらまで?」
「中目黒までお願いします。」
気さくに会話に応じてくるお客、ミニスカ姿のスタイルの良い女だ。
そろそろ頃合いになってきたところで偽キャンペーンの案内を始める。
「この栄養ドリンク飲んでアンケート書いてくれれば、運賃が半額になりますよ。」
「えっ?スゴいことしていますね。じゃあ頂きます。」

媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入し終わると睡魔が襲いグッスリ寝てしまう女性客。
「お客さん、着きましたよ。」
身体を揺らして起こしてみるが熟睡していて反応は無い、相変わらず効きが良い媚薬だ。
大股開きのスベスベの太腿、感触を味わいながら手をスカートの奥へと伸ばす。
いやらしいマン肉の感触が変態心を揺さぶる。
張りのある乳房の形を確かめながら揉み、スカートをまくってパンティを丸出しにしてマン肉をつまむ。
ブラウスを脱がし、キャミソールをずらして大きな生オッパイを眺めて乳首を指でもてあそぶ。
意識の無い女体をイタズラするのが一番興奮する。

オッパイに吸い付き乳首を舌で転がし、マン筋を指でこすり上げる。
パンティーを脱がすと少しシミが付いている。
昏●していても身体は敏感に感じているようだ。
クリトリスを指で丁寧にこすり、濡れ始めたマ●コに指を挿れて指マン。
クチュクチュと膣中がぬめる。

肥大したクリトリスを舐め上げクンニしていくと、女の息が荒くなってくる。
カーセックスをするカップルのように横に座り、オッパイ揉みながら濃厚なキスをする。
寝ている手を取って手コキさせ、昏●する口にチ●ポをくわえさせて昏●フェラで腰を振る。
ビン勃ちになったチ●ポをマ●コに押し込み昏●カーセックス。
人の気配を気にしながらスリルを味わう。

散らかったヤリ部屋の布団に寝かせてスカートを剥ぎ取る。
貝ヒモのようなマ●コを指マンクンニで責める。
意識はまだ戻らないが、マ●コの中はグチョグチョに濡れている。
形の良い尻肉を舐め上げ、ブラウスをまくって生オッパイを舐めまくる。
人形のように眠る女の股を開いて、正常位セックスでチ●ポを突き動かす。
首筋を舐め、乳首を吸いながら腰を振っていると目を覚ます女。
「ううぅぅん、あぁぁ。」

寝ぼけながら感じているが、この女にとっては人生最悪の目覚めになるだろう。
「起きちゃた?気持ちいいだろ。」
「うぁぁっ、やめて。」
「サキちゃんって濡れやすいんだね。まだ23歳だろ?」
逃げようとする女の髪を引っ張ってカメラを向ける。
「さっきから撮っていた動画、会社に送っちゃうよ。」
「イヤ、やめて…。」

泣きじゃくる女を脅かして、再びマ●コにチ●ポを突っ込み、濃厚キスで口をふさぐ。
抱き起こして対面騎乗位で腰を突き上げ、マ●コの奥を突きまくる。
「くわえろ!」
嫌がる女の口にマン汁だらけのチ●ポをくわえさせ、強●フェラ。
チ●ポをビン勃ちにして後背位で腰を振る。
犯●れているのに女の尻はヒクヒクと痙攣している。
「あぅぅぅぅ。」
「やらしいなぁ、サキちゃん。」
うつ伏せにプレスして、耳たぶを甘咬みしながらマ●コの奥をガン突き。
「やめてください、帰してください。」
チ●ポを抜いて指マンでヒクヒクとイクまで責めまくる。

正常位にして黙ってイったマ●コにチ●ポを差し挿れ腰を振る。
「あ~ダメ!イクっ…。」
大きな胸を張り出し、エビ反りイキする女。
「あ~、俺もイキそうだ。このまま出すぞ!」
「イヤッ!だめだめ!」
激しく腰を振り動かし、マ●コの奥にタップリと生中出し。
ベロベロになったマン肉をつまんで精子を絞り出す。
「ちょっと休憩したら、もう一回しよう。」
泣きじゃくる女を放置して、私は一息いれることにした。

素人動画 佳奈

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。

「浅草の雷門の前まで、お願いします。」
妹の高校受験のためにお守りを買いに行くという、長身美脚で清楚な感じの優しい娘。
そんなことより、今日は俺の子種で子宝を授けてあげようと思う。

「実は美容会社と提携してまして、これ飲んでアンケートに記入して頂くと運賃半額になります。」
「え~っ、嬉しい。」
素直に媚薬入りドリンクを飲み干し、アンケートを記入するお客。
料金が1200円になった辺りで、美脚の太腿をむき出しにして昏●してしまう。

しばらく車を走らせ、俺のヤリ部屋の近くに車を停める。
「お客さん、着きましたよ。」
スカートをめくるが起きる気配はない。
媚薬はガッツリ効いている。
「佳奈ちゃん…いい娘だなぁ。」
アンケートに記入された個人情報をチェックする。
スカートをまくり上げてスベスベの美脚を触り匂いを嗅ぎながら舐めまくると、若い肌の感触が変態中枢を刺激する。
ブラウスのボタンを外すと、程よい大きさのオッパイ。
ピンクの下着が実にカワイイ。

ブラをずらし生チクビをしゃぶりながらマン筋をこすり、甘味な唇に吸い付く。
舌を挿れて若い娘との濃厚キスをタップリ味わう。
パンティをずらして綺麗なマ●コを眺める。
クリトリスを指で擦り上げ、股を開いて甘酸っぱいマ●コを舐め蜜壺を吸いまくる。
媚薬効果で娘が目覚める気配は無い。
じっとりと濡れたマ●コを指マンクンニで責めていく。
興奮してきたので生オッパイを再び揉み舐め、勃起したチ●ポを握らせて昏●手コキ。
口をこじ開けてチ●ポを突っ込み、昏●フェラで腰を突き上げる。
しっとりとした舌ざわりと、絡みつく唇がチ●ポを口の中でビンビンにさせる。

娘をヤリ部屋に運び込み、ベッドに寝かせて早速クンニ。
大の字で開いたマ●コを舐めまくる。
陰毛の中から飛び出た勃起クリトリスを、舌で転がしながら同時に指マ●コ。
寝ている口にチ●ポを押し込み、腰を振って勃起させる。
喉奥に押し込んでも反応しない女。
昏●クチマ●コはいつもながら●姦中枢を刺激する。

正常位にしてニュルニュルのマ●コにチ●ポをこすりつけ、ゆっくりと深くまで挿入する。
滑りが良くなってきたところで激しく腰を振り、両脚を束ねてマ●コの奥を突きまくる。
側位セックスでガンガン突きまくっていると、意識を戻す娘。
「うん?えっ!」
すかさず手で口をふさぐ。
「痛い事されたくないだろ。声、出すな。」
「うぐっ…。」
股を開いて、抜けたチ●ポをマ●コに突き刺す。
「えっ?んあっ…。」
声を押し殺そうとしている女のマ●コをガンガンと責める。
「舌出せ。」
脚を束ねて達磨にして、ベロキスをしながらマ●コの奥を突きまくる。
「んぐうぅぅ…。」

「しゃぶれ。」
女を抱き起こして、首根っこをつかんでビン勃ちチ●ポをしゃぶらせる。
「もっと、舌を使うんだよ。」
頭を押さえて強●イラマで喉奥をチ●ポでいじめる。
「ケツ上げろ。」
スカートを脱がして、バックからプレスしてチ●ポを刺し挿れる。
「はああっ!」
形の良い尻肉をつかんでズコズコとマ●コを突きまくり、腰を引き寄せマ●コの深いところを高速ピストン責め。

尻を上げさせ、グチョグチョのマ●コを指マンすると何やら温かいものが…。
「あっ、ダメぇ!」
腰をヒクヒクさせてお漏らしをしてしまう、はしたない娘。
「あううぅぅ。」
イってしまった小便マ●コにバックからチ●ポをはめて、尻肉をつかみながら腰をふる。
「あうっ、だめ…。」
腕を引っぱって、背面座位で子宮の壁を突きまくる。

仰向けに寝かし股を開いて手マ●コをすると、またお漏らししてしまう潮吹き娘。
犯●れているのに2回も潮を吹いてしまうとは・・・。
松葉くずしでマ●コを突くと、エロ顔になってきたのでガンガンと奥を責めてみる。
娘のマ●コがグイグイとチ●ポを締めつけ、そろそろ限界点に。
「あー、いくっ。」
「だっ、ダメ!」
激しくマ●コを突きまくり、生中出しで射精すると、ビクビクとイキ痙攣している。

清楚そうな顔をして、犯●れているのにイキまくっていた淫乱娘。
これからの調教が楽しみだ…。

素人動画 ほたる

俺は乗車した女性を媚薬で眠らせ、変態行為を楽しむ鬼畜のタクシードライバーだ。

「多摩センターの方へお願いします。」
「タマ…何かあるんですか?」
「動物園に行きます。」
一人で動物園?なんか訳ありだな。
ちょっと可愛かったんで、ついベラベラ喋ってしまう。
「すみません、ちょっと疲れてるんで。」
「なら、この栄養ドリンク飲んで、アンケート書いてもらうと乗車料金半額になりますが。」
「じゃあ、いただきます。」
ニガそうな顔をして媚薬入りドリンクを飲み干す娘。
アンケートを書き終えて大あくび、媚薬が効き始めている。

メーターが1800円を過ぎたころには完全熟睡。
ヤリ部屋近くに車を停める。
「お客様、着きましたよ。」
あどけない顔をした娘は、股を開いて眠っている。
「ほたるちゃんて言うんだ。カワイイね。」
アンケートで個人情報もバッチリ入手。
早速、うなじと耳と髪の毛の匂いをクンクンと嗅ぐ、これは変態の儀式だ。
胸の谷間が見えていたので揉みながら顔を埋め、舌を引き出してベロキスで舌をなめまくる。
媚薬がバッチリ効いて起きる気配は全く無い、俺様専用のダッチドールだ。

若いスベスベの太腿を舐めまくり、ピンクのパンティの上からマ●コの匂いを嗅ぎ、ブラから大きなオッパイを引き出す。
乳首も乳輪も汚されていない綺麗な色。
柔らかな巨乳を揉んで、犬の食事のように乳首を舐めまくる。
パンティをずらし剛毛なマン毛の蒸れた匂いを嗅いで、マン毛をかき分けクンニで舐め上げる。
アナルを拡げて括約筋を観察。
お尻の穴の匂いを嗅いで、スベスベの尻肉に吸い付きながら指マンでマ●コをほじくる。

ビンビンのチ●ポを握らせてセルフで手コキさせた後は、口をこじ開けてチ●ポを突っ込む。
頭をつかんで動かす昏●フェラ。
白目を剥いている娘のフェラ顔に興奮する。
我慢できなくなって来たので、剛毛マ●コにチ●ポを差し込み腰を振る。
狭い密室の車内でオッパイを吸いながら正常位セックス。
カーセックスはスリルがあっていい。
「あっ、出ちゃいそうだ。こんな早く出したら勿体ないよ。」
娘を抱きかかえて、ヤリ部屋にお持ち帰りすることにした。

散らかったマットレスに寝かせてネクタイで手を縛り、カエルのようにM字開脚させる。
足の裏のスッパイ匂いをかいで舐めまくり、巨乳に顔を埋め揉みまくる。
乱暴に生乳房を取り出し、オッパイをスパンキングして吸い付き、腋も舐める。
子供の頃、おもちゃを買ってもらって一人部屋で楽しんでいた事を思い出す。
オッパイを舐めまくり、口の奥に指を突っ込んで舌を引き出して吸いまくる。
マ●コを足で電気アンマ、その足で股を押さえて指マ●コ。
乳首に生チ●ポを擦りつけ、柔らかオッパイに挟んで昏●パイズリへと変態行為は続く。

ビン勃ちしたデカチ●ポを口に突っ込み、昏●イラマチオで喉奥をゴキュゴキュ言わせて責める。
パンティーをずらして正常位でマ●コにズブぅ~とチ●ポを挿入。
オッパイを吸いながらガンガンと腰を突き挿れる。
「うぅ~ん…。」
意識を戻し始めた娘の口をふさぎ、容赦なく腰を振りまくる。
「うあっ、やだ!」
壊れたおもちゃを扱う子供のように、乱暴にオッパイをスパンキングして首を絞めてマ●コを突きまくる。
縛った腕を強引に持ち上げ、口にチ●ポをぶち込み、強●イラマで腰を激しく振る。
「ゲホ、ゲホ!やっ、嫌だー!」
騒ぐ娘の口をチ●ポで塞ぎ、クチマ●コで喉奥を責める。
「歯立てたら、こうだからな!」
娘の頬に拳を突きあてて脅かし、喉汁でぬめったチ●ポをオッパイに挟んで強●パイズリで腰を振りまくる。

身体を裏返して桃尻をお仕置きするようにスパンキング。
「あーっ、イヤ!」
腰を引き上げ、マ●コに唾を吐いてバックからチ●ポを突き刺す。
泣きじゃくる娘の頭を足で押さえつけながら、ガンガンとマ●コを突きまくる。
上着を剥ぎ取り、ローターで乳首を責める。
「帰りたくなくなるぐらい、気持ち良くしてやるよ。」
ローターを剛毛マ●コに挿れ、電マでクリトリスを責める。
「もう、帰して…。」
怯える娘の首を締めながら、口に極太バイブを突っ込む。
四つん這いでバイブをマ●コに刺し挿れ、パンティーで固定しながら強●イラマチオ。

うつ伏せにして背後から口を舐めまくり、耳たぶを吸いまくる。
「嫌だ!キモいー!」
バックでプレスしたまま尻肉をこじ開けてチ●ポをぶち込み、乱暴に激しくマ●コを突きまくる。
丸裸にして正常位セックスで身体を押さえつけながら、バンバンと腰を打ちつける。
首筋に吸い付き、嫌がる娘の口をベロベロ舐めながらピストン責め。
「ほたる、俺のこと好きと言え。」
「キモイ、もう帰して。」
首を締めるとキュッと締まる剛毛マ●コ。
「あーーっ、出すぞー!」
柔巨乳をつかみながら激しく腰を振りまくり、マ●コの奥に生中出し射精。
剛毛マ●コからあふれ出た精子を指で取り、娘の口の中に突っ込む。
「こんなんじゃ、終わんないぞ。」
俺は娘の手をネクタイで縛り直した

素人動画 りょう子

俺は乗車した女性客を薬で眠らせ、拉致レ●プする鬼畜のタクシードライバーだ。

「恵比寿駅前方面お願いできますか。」
雨が降りしきる中、とんでもない大きさのオッパイが乗車してきた。
「駅はどちらまで?」
「東口、お願いします。」
乳房はどう見ても顔よりデカい、精力剤の広告に出てきそうなムチムチのスタイルだ。
友達と飲み会らしいが、今夜はオジサンと授乳パーティーに変更してもらおう。
愛想の良い子だったので会話が弾み、営業トークでアゲてみる。
「じゃあ、なんか割引とかありますか◆ふふっ」
自分から毒牙にかかってきてくれたので、偽キャンペーンドリンクの案内をする。
「こちらを飲んでアンケートに記入していただくと、運賃が50%オフになります。」
「えっ嬉しい、飲んで感想書けばいいんですね◆」

媚薬入り栄養ドリンクを飲み干した超乳ちゃんは、アンケートを記入しながら必死に睡魔と戦っている。
既に媚薬が効いてきて身体も火照っているようだ。

巨大なオッパイは食い込みパンティ丸見えでついに爆睡堕ち。
俺のヤリ部屋近くに車を停める。
「お客さん、到着しましたよ。」
「う~ん…。」
むっちりした太腿、超乳を揺らしてみるが目覚める気配は無かった。
ブラウスをずらし乳房の谷間を指で突っつくと、弾力で波紋を描いて揺れている。
「何だこれ、スゲーな。」
ブラから両乳を取り出し、顔をうずめて巨大オッパイの感触を顔で味わう。
赤子の様に揉みながら乳首を吸いまくる。
「可愛い顔してるな。」
赤いルージュの唇に吸い付き、やっぱり気になる巨大オッパイをしこたま吸いまくる。

ビンビンになったチ●ポを握らせ、オッパイをおかずにセルフで昏●手コキ。
イっちゃいそうなので、ムッチリした太腿を引き寄せパンティーの上からマン筋を責める。
どこを触っても弾力のあるスベスベ肌、今日は最高のご馳走だ。
マン筋をこすり、マン肉をクンニして舐めまくる。
ヌルヌルになったマ●コに指を突っ込み、指マンで膣中の感触を味わう。
抱きかかえて巨大オッパイを揉みながら濃厚キスしまくり。
昏●フェラで口にチ●ポを差し込み腰を振る。
ビン勃ちになったデカチ●ポを、乳房の間にサンドして超乳パイズリ。
パンティーを脱がして正常位でオマ●コ。
超乳を吸いながら腰を振りまくる。
このまま射精してしまうのは勿体ないので、ヤリ部屋に運び込む。

ヤリ部屋のマットレスに豪華な食材を寝かせ、さっそく正常位でチ●ポをぶち込む。
弾力のある恥丘とヌルヌルのマ●コに思わず声をあげてしまう。
巨大なオッパイを眺めながら腰を振り、乳首をコリコリとつまむと意識を戻す魔乳の女。
「うう~ん…。」
「騒ぐなよ。」
女の口を手でふさぎ、オッパイにしゃぶりつきながら腰を振り続ける。
「イヤ、ヤメテ。」
バンバンと乱暴にマ●コを突きまくり、揺れる巨大オッパイにますます興奮してくる。
「ふん!ふん!」

ネクタイで両手を拘束し、裏返しにしてクッションのようなデカ尻をスパンキングする。
「やだ、痛い!」
マ●コに指を突っ込んで指マンで責める。
「ほら、ケツ上げろ。」
四つん這いのデカ尻を、バックからチ●ポを刺してズボズボ突きまくる。
突くたびに腰が尻に埋もれてしまう、気持ちイイ後背位セックス。
上体を起こさせ首を絞めながら、マ●コの深いところを突き上げる。
「気持ちイイって言わないと、終わんないぞ。」
「ん、ん、ん、気持ちいいデス。」

寝かせて股を開き、電マを押し当てる。
「ああっ、ヤメテ!」
「気持ちいいんだろ、イクまで止めないぞ。」
身体をねじらせて、ビクッと反応する超乳女。
「黙ってイったな。」
更に電マを強くあててマ●コを責めまくる。
「イヤ、イヤ、イヤっ!」
「イっても終わんないんだよ!」
乳房を振り乱してイキまくる女。

「しゃぶれ。」
デカ乳に腰をおろし、チ●ポをクチに突っ込んで乱暴に腰を振る。
「んぐぐぐぐっ…。」
巨大なオッパイをかき分け、チ●ポを挟んで超乳パイズリ、俺のデカチ●ポが小さく見える。
弾力性バツグンの乳房を揉みながらチ●ポをこする最高のパイズリだ。

泣きじゃくる女のマ●コを電マと指マンで濡らし、松葉崩しでデカチ●ポをぶち込む。
「んんん~!」
正常位でマ●コを突きまくり、手を引いて騎乗位セックスで腰を突き動かす。
着くたびに揺れるデカ乳、尻を叩いて腰を振らせる。
女の体重がチ●ポにのしかかり、圧迫してくる気持ちいいオマ●コだ。

両脚を抱えて正常位セックス。
巨大な乳房を吸いながらマ●コを激しく突きまくる。
「もう、帰りたい…。」
「ああっ、イクイク!あ~~っ。」
我慢して溜めた大量の精子を、子宮の奥にドクドクと生中出しした。
マン筋にあふれ出すザーメン、女はネクタイをはずそうとしているので、きつく縛りなおす。
帰れる訳ないだろ、今日からお前は俺の肉布団になるんだから。